肩こりの原因と改善方法を知ろう!

肩こりは男女問わず起こってしまう症状であり、肩周辺が重苦しく痛みが出てしまう場合もあります。
肩こりになってしまう原因ですが、長時間同じ姿勢でいることによって筋肉が固まって血液の流れが悪くなってしまうのです。
血液の流れが悪くなると酸素や栄養が運ばれなくなってしまって老廃物が溜まってしまうのです。
また筋トレや重い荷物を持つような重労働を行った場合には、疲労物質である乳酸がたまることによってこりが出てしまうのです。
症状がひどくなってしまうと肩から上の血液の流れが悪くなってしまって、頭痛やめまい、吐き気などを引き起こしてしまうこともあります。
そのため肩こりを感じたら筋肉を動かしたり温めること、またマッサージによって血行を促進させ、老廃物を排出させる必要があります。
デスクワークを長時間行っているとこりを感じる人が多いのですが、姿勢の悪さも原因となっています。
猫背になっていたりデスクに肘をついて顎をのせるなどの動きは肩周辺に負担をかけてしまうので、背筋を伸ばして腹筋で身体を支えるようにすることが必要です。
また仕事の合間に肩や腕を動かすストレッチを行う、肩周りを冷やさないようにするなど気をつけることで改善できる場合もあります。

肩こりの原因と解消法

肩こりの原因は、姿勢が悪かったり眼精疲労や過労、精神状態などをきっかけとして起こり、体型や体質的な要素が関係することが多いようです。
体型では、痩せ型、肥満、首が細い、なで肩、猫背などが考えられ、生活習慣ではパソコンの長時間使用や運動不足などがあげられます。
そもそも人間の頭は大きくて重いので、それを支える首や肩に負担がかかりすぎて血行不良を起こしやすいのです。
歩くのに上半身はそれほど動かさなくても良いので自然に運動不足になり、肩から背中を覆っている筋肉が硬直し、肩こりを起こします。
ですから、肩こりを治すのには肩甲骨を動かす運動をするのが最善の解消方法です。
肩を回したり鉄棒などにぶら下がるなどの運動をしてみましょう。
その他は、肩が痛いほどこっているときは、小さなネックレスでもしていると負担になることがあるので、しないように気をつけましょう。
そして姿勢が悪いと改善しませんから、いつも意識して胸を突き出すようにオーバーなっかっこうでも良いので、背筋を正しましょう。
目の使い過ぎからのこりには、温めたタオルを目の上にのせて血行を良くしたり、目のつぼを押さえたりすると改善が期待されますので、しばらく習慣的にやってみましょう。

おすすめWEBサイト 5選

ゲーム クリエイター 専門学校 評判
http://www.gamecreator-naruniha.com/guide/
外壁塗装 市川
http://www.jutaku-shindan.jp/
町田 歯列矯正
http://www.kanegae-ortho.net/

最終更新日:2016/10/20